ビアのみ野球大放談 #2022.08.20 マリンズ戦 – 高木医院|仙台市泉区|内科・消化器内科・外科・内視鏡検査・炎症性腸疾患外来

ビアのみ野球大放談
#2022.08.20 マリンズ戦

厳しい残暑が続く仙台だが、夜は大分涼しい感じでナイターには丁度良いくらい。他の球場では味わえないくらい快適な環境である。昨日負けで相変わらず3連戦の初戦が獲れないので今日明日は負けられないプレスが続くなか、田中が先発。最近はコントロール重視のあまりかワイルドな投球がみられず球に勢いがなく連打される場面が多い。そしてマリンズ先発はロメロでまた左腕だ。打てない打線は少し改善方向だが・・・。

ポイント

嫌な予想通り5回までロメロにノーノ―のイーグルス打線。田中は落ちついた投球で零封。ロメロをどう打ち崩すかがカギになりそうだ。

6回表

0-0で迎えた6回、最近当たりのあるマリンズ4番山口が先頭で中前打。次打者佐藤は送りバントだが何を焦ったか田中が野選、無死12塁で更に続く岡がバントをすると何と大地が連続で野選。更にそれが悪送球となり初得点を許す。こんなの観たことがない。その後安田の犠打で2点目。今日のロメロの出来からは、もはや試合終了、つみ!の様な雰囲気に球場全体が包まれる。

6回裏

ところがだ。小深田がついに右前に初安打。しかも次打者大地の初球にすかさず盗塁と積極的な攻撃を仕掛ける。大地が名誉挽回の連続右前打で小深田は本塁帰還。あっという間に二人で得点は素晴らしいし、相手はひどく動揺するよね。昨年までのイーグルスにはまずあり得ない光景だ。この辺りは西川の加入効果が絶大で小深田個人は今季盗塁17個と絶好調だ。そして浅村が気合の左線二塁打。ここでマリンズ名手茶谷が送球で球が手につかず?思いっきり悪送球。あっという間に同点になる。なおも無死3塁で4番島内が彼らしいチャンスを逃さない打棒を魅せつける。打った瞬間にHRという当たりで計4得点に。更に更に二死後からオコエの彼らしくない喰らいつくような左前打。明らかに狼狽えるマリンズはバッテリーエラーでオコエは二塁へ進む。続く渡辺佳明が低いボール球にこれも喰らいつくようなしぶとい中前打。レービーでクロスプレーになるがオコエはスピードの落ちないスライディングで見事なホームイン。この回一挙5点で試合がひっくり返る。絵にかいたような理想的な攻撃をみせて試合を決定づける。

9回表

イーグルスは定説通り守護神松井を送る。しかし身体の切れが悪く全て上体が開いた投球。彼の一番の持ち味である球の出所が分からない投球が分かってしまう投球になっている。よほど疲労が蓄積しているのかもしれない。しかしマリンズ打線は三者凡退でゲームセット。明日以降の課題は松井かも。

キーパーソン 4 おこえ るい

もう再起不能ではないかという昨年の負傷から見事というか、相変わらず気にしていないというか本日初スタメンで初安打。これも相変わらずだが球を引き付けて打つことができないのが彼の最大の難点で、どうしても打点が前で安打がでにくいのであるが今日は気合の初安打と華麗な走塁を披露した。このままスタメン定着するようなら攻撃に勢いがでるが、今まではこのまま続かないのがおこえである。今年はどうか。もう後がないことは流石に本人も分かっていて、厳しいイーグルスの外野手争いに入ってくれれば優勝の二文字が見えてくるかも。

頑張れ、オコエ!