ビアのみ野球大放談#2023.04.14 ホークス戦 – 高木医院|仙台市泉区|内科・消化器内科・外科・内視鏡検査・炎症性腸疾患外来

ビアのみ野球大放談
#2023.04.14 ホークス戦

昼間とは打って変わって夜はまだまだ冷え込む仙台だが、今季初の首位ホークスとの3連戦。ここは熱い戦いを魅せてほしいものだ。さてイーグルスは1番に比較的当たってきている山崎、2番に当たっていない島内を入れてきた。私は島内は4番に戻すのが結局得策に違いないと思っているのだが。そして下位打線には岡島、鈴木大地のベテラン勢を上げて即スタメンに起用する。石井監督はさすがに貧打戦のテコ入れを図ってきたものの、ずば抜ける打者が不在でどうも迫力に欠けるのが現状だ。

1回表

イーグルスの先発は2勝目を狙う田中。相変わらずコントロールはよいが球の勢いがないようだ。良しにつけ悪しにつけ相変わらずツーシームというか、SSFらしい小さく落ちるファストボール頼りになっている。全盛期は誰も打てなかったが、今のまあくんのツーシームは伝家の宝刀ではなくなってしまった。二死後柳田にその決め球の低めのツーシームを左前に運ばれ、続く栗原にも低めに落としたツーシームを中越え二塁打にされてしまう。しかしながらまだまだ運も実力もあるのだろう次打者牧原はそのツーシームを空振り三振してしまう。打者のレベル次第のような気もする。とにかく結果は0点だ。

2回裏

対するホークスの先発和田はこれはもうコントロール勝負しかないのであるが、そのコントロールがいまいちだ。珍しくさほどプレスのない一死無走者での打者辰巳に対してスライダーのコントロールが悪く明らかな高めのボールで四球。その動揺した空気をついた辰巳が次打者田中和の初球にすかさず盗塁。そしてその動揺で田中もスライダー決まらず四球に出して一死12塁。仕方なく次の安田の初球はまっすぐを放るしかなくなるのだが、これが真ん中に勢いなく入り特大3ランを浴びることになる。HRはやはり大きいね。この手の展開がほとんどないイーグルスには大きな大きなボーナスだ。

5回表

一死後近藤、柳田が見透かしたかのようにツーシームを連続安打し一死13塁の好機を作るが、やはり格の違いなのか続く栗原、牧原は全く手が出ず連続三振だ。格というより年期の問題なのかも。ホークスは得点できない攻撃が続く。

6回裏

鈴木大地が左前に運び、無死一塁の久しぶりの好機。辰巳は石井作戦よろしくバントするが、これを三塁手栗原の悪送球を誘い無死23塁の絶好機。さてさてそこで何と弱気な石井さんは次打者田中和にスクイズを企図するがこれが捕邪飛に終わり、後続が倒れたところでさあまた負け試合の流れを引き寄せたかと思う。しかしホークスは計10安打を放ち好機は何回も作るが決定打が1つもなく最後は松井が3者連続三振でゲームセット3-0の勝利。振り返れば安田の一発だけだよね、でもこういう勝ちもありなんでやはりHRが出てくる打線は重要な勝ち要素であると確信に至るのであった。

キーパーソン 55 やすだ ゆうま

昨年新人の年に開幕スタメンを獲得したのもつかの間、すぐにコロナ罹患、そして手の故障で半年近く1軍登録なし。ペナントレース最後にでてきただけで終わったスミ1+1の大型捕手。今年は自慢の長打をいかんなく発揮して長年イーグルスのテーマであった貧打戦問題と正捕手問題を同時解決すべく第一捕手になってほしい。やはり炭谷のまっすぐなし配球や太田の2割打てるかどうかの瀬戸際打力ではファンはとても物足りない。まず故障しないで通年出場していればある程度の数字はついてくるはずだ。