ビアのみ野球大放談 #2022.05.20 バファローズ戦 – 高木医院|仙台市泉区|内科・消化器内科・外科・内視鏡検査・炎症性腸疾患外来

ビアのみ野球大放談
#2022.05.20 バファローズ戦

やっと仙台に快適で楽しいナイター季節がやってきた。ビアで寒くなしカラみそくまラ―で暑くなしこれでゲームが盛り上がれば!

イーグルス先発はこれまで大崩れなし既にベテランマウンドさばきの瀧中、バファローズは粘りの投球が身上の田嶋でこれまた投手戦というか貧打戦を予想。

バファローズは吉田欠場、私が今年キーパーソンに指名した杉本の不振やらで打線は有機的繋がりがなくて機能していない。大城だけが独り寂しく気を吐いている。楽天は2番問題継続だが全くダメな茂木をスタメンから下ろして小深田を2番に復帰させるがどうでしょうか。1番西川さすがにそろそろ考える時期だよね。

ポイント

1回裏

二死から浅村がよく見て粘って四球。島内がこちらは相変わらずの身体泳ぎの腰が粘って右線二塁打。23塁でさあ5番に我慢で起用のマルちゃんだが全くタイミングが合わず。HRあるんで5番起用でしょうがちょっと確率低すぎる感じ。繋ぐ4番島内が当たっているだけに5-6番もよく考えていかないと得点力上がらないね。貧打なんだから少ないチャンスをものにしないといけない。よろしくないいつもの得点できないパターンイメージが脳裏をよぎる。

つづく2回表にバファローズは全く同じ二死23塁で9番韋駄天当たってない佐野に回り凡退。似たようなチーム状況を象徴するかのような展開。2回裏もイーグルスはチャンスを逸する拙攻。

4回裏

やっと思いきり振り切れるようになった辰巳の右前打などで無死満塁のチャンスを迎える。炭谷の中ライナーが正面を突く当たりが試合展開の妙かな。こういうの勝てないんだよねえなどと話していたら武藤、西川連続三振で何とゼロ!歴史を紐解いてもや連勝ストップから負けが混んできて焦り不安モードは更なる連敗ムードを作り出すんだよね。おいしいはずのビアまずっ。

8回裏

前の打席で「ノってきたところの三振」で調子を崩す辰巳がラッキーな内野安打。ピドルは連携練習してないんでしょう。一死12塁で大地二ゴロ、炭谷三振でやっぱり好機を生かせず。大地は重症で打率は1割台へ。この後の守備ではマルに変わった一塁でファインプレーを魅せているから身体は切れているし打撃だけの問題だね。茂木の0割台と共に死に体桐蔭コンビ。で0-1負けは試合展開的にはイマイチ盛り上がりに欠ける試合でしたが、個人的な状態チェックはかなりよくできたので今日はキーパーソン複数で短報。

キーパーソンのステイタスチェック

にしかわはるき 6

シーズン当初は出来すぎとしても、現在はよほどラッキーなタイミングでないとまず打てない状況である。最悪なポイントはもともとそうゆう悪い癖があるのだが、軸が明らかに前に突っ込む。好調時は選球眼に優れた選手のはずが、現在の不調時はボール球に手を出して最終的にはストライクゾーンの球で三振しているケースが多くなった。ちょっとこういうのは正に立花あたりが観ているはずでアドバイスでは治らないのでしょう。2番かもしくは一時下位にした方がよい状態。2番問題もあるし島内後の56番がよいのでは?

頑張れ西川!

むとうあつき 50

走攻守そろった期待の若手で昨年から一軍帯同が多かったが、守備固めの出場ばかりでどうも打撃は信用されていなかった感がある。鋭い打撃スイングは高評価であって今年は下位打線で絶好調。それで呪われた2番に抜擢されて先輩方同様現在は不振になってきた。ボールが見えてない感じでタイミングが全く合っていない。また2軍から出直しの方が急がばファームでよさげではある。

頑張れ武藤!

すずきそら 56

大きな成長のあとを認めますよお。元々スライダーを得意球としたサウスポーだが、今年はまっすぐで押すようになった。150km超のクロスファイアは威力十分だ。そして何よりコントロールがべらぼうによくなった。手を振り切れてストライクが取れる。左でこのうわぜいでちょっとタイミングをずらすフォームも固まってきてそう簡単には打たれない。セットアッパーでもよいが本来は先発に回したい逸材だし、そろそろ出てきてくれないとタイムリミットもある。

頑張れ鈴木!

いしばしりょうた 60

昨年から出てこなかったのはなんだったんでしょうという感じの好調ぶりである。この人についてはもうただただ1点のみで腕を振り切れるかどうか。アマ時代にカウントピンチになると使っていた「置きに行く」球がプロでは少なくとも1軍では通用しないことが大分痛い目をみて分かったはずで、今年は置き球が1球もなし。先発に戻してもよいしセットアッパーか抑えでもよいような出来栄えだが、あとはメンタルの問題が残るよね。

頑張れ石橋!

おおしろこうじ バ10

昨年の酷い不振から一転、今シーズンはバファローズを引っ張る強打者になる。今日はこの人のソロ1点のみであったが、最近の打撃好調は不思議なくらいだ。HRはあまり打てないはずなのだが当たりが強いので既に2号。今年のキーパーソンに名前を連ねてきた。

すぎもとゆうたろう バ99

昨年優勝の立役者でその大活躍は周知のところで今更解説しないが、2年続くかどうかで真価を問われる年。遅ブレで残された時間はないのよね。昨年の疲労や研究された感はあり、きちんとバットを振りきれない、タイミングは外される、ボールがよくみえないなどの典型的な極度の不振ではあったが本日の最後の中前打あたりを観るとかなり改善してきたようだ。最終的にはそれなりの数字を残しそうな好調ぶりをアピール。この人が上がってくるとバファローズはやはり優勝候補だよね。